天然石の色は数種類?赤・緑・青・黒・茶色のアメジストについて

アメジスト 赤

アメジストは、日本語名では紫水晶と呼ばれているだけあって、カラーリングは綺麗な紫色を想像します。

ただ、実際には紫色と言っても色の濃淡がありますし、紫色以外のカラーリングも存在しています。

中には、紫色よりも希少価値が高く、高値で取引されているものもあり、注目が集まっています。

このページでは、天然石の中で紫色以外のアメジストにはどのようなものがあるのか、そして各々の特徴について解説したいと思います。

アメジストは紫色が基本!

アメジストの基本カラーは、紫色で間違いありません。

なぜ紫色になるのかを解説すると、主に鉱山の中でアメジストの周辺に存在している岩石が要因となって紫色に変化するのです。

アメジストは二酸化ケイ素の石英が水晶となり、そのカラーリングが紫になることでアメジストが成立します。

二酸化ケイ素の中には当然ケイ素も含まれるわけですが、このケイ素や不純物に含まれる鉄などが2価の鉄イオンに置換することで、紫色に変化します。

置換を助長するためには何かしらの作用が必要ですが、主に岩石から発生される極微量な放射性により反応を促進しています。

紫以外のアメジストは偽物?変色?それとも人工石?

水晶が紫色になるとアメジストとジャンル分けされるわけですが、世の中には紫色以外のものでもアメジストと呼ばれているものがあります。

紫色以外のものも本当にアメジストなのか疑いたくなりますよね。

主に流通している赤、緑、青、黒、茶色のアメジストの特徴や真偽の程について解説します。

赤色のアメジスト

赤といえば情熱をイメージさせるカラーリングですよね。

アメジストと言えば、どちらかと言えば心を落ち着かせる効果があるものであり、赤色のアメジストと聞くと少し矛盾を感じます。

実際にジャンルとしてレッドアメジストというものがあり、淡い赤色が印象に残ります。

非常にレアなストーンとして、見かけたらすぐに購入しないと、二度と手に入らないかも知れないと言われています。

なぜ赤色であるかと言うと、実際には紫のアメジストに赤色のヘマタイトが混入しているのです。

よって、効果としてはヘマタイトの要素もあり、人生をより楽しむための活力を得ることができます。

レアですがとても美しく需要が高いので、偽物も多く出回っているのが実情です。

低価格でレッドアメジストを販売しているのを見かけたら、偽物と疑ってしっかりとチェックした上で購入しましょう。

緑色のアメジスト

緑色は人を落ち着かせる効果があります。

新緑を見ているだけで、ヒーリング効果がありますし怒りを鎮める作用を発揮します。

アメジストでも、グリーンアメジストというものがあり、主にブラジルが原産地として有名です。

プラジオライトとも呼ばれており、その意味はギリシャ語で西洋葱と石を組み合わせた言葉です。

特性として圧電性があり、実は家電製品にも頻繁に使用されているストーンでもあります。

心の不安定さを取り除くことができ、ストレス解消にも大きく役立ちます。

見た目の優しさもあり、身に付けていると優しい人間であることもアピール可能です。

耐久性が強いのも魅力的で、アクセサリーとしておすすめです。

レッドアメジスト同様にレアストーンなので、偽物も多く流通しています。

また、緑色は着色しやすいので、偽物もかなり精巧なものが多いので、しっかりと見極める必要があります。

青色のアメジスト

紫とカラーリング的に似ている青色のアメジストも存在しており、ブルーアメジストと呼ばれています。

2006年に中国の深センで世界で初めて採掘されましたが、採掘されたのは500Kgのみで、まず入手不可能と言っても過言ではない超レアなストーンです。

深い集中力を得ることができ、勉強に集中したい方や仕事で成功したい方におすすめできます。

また、浄化能力に優れており、部屋の邪気払いにも効果てきめんです。

レア度が高すぎるので、通常のアメジストと同価格で販売されていたら間違いなく偽物と疑うようにしてください。

黒色のアメジスト

ブルーアメジストよりも更にレア度が高いものとして有名なのが、ブラックアメジストです。

アメジストの価値を決める時に、紫色であるかと透明度が高いかで決まりますが、その点で対局にあるカラーリングとなっています。

ただ、幻想的なパワーに満ち溢れていて、人気はとても高いのが特徴です。

なぜブラックになるのかと言うと、内包している鉄イオンの影響により黒く着色されます。

霊的なパワーをより実感できるアメジストであり、お守りとして有能です。

主にブラジルとウルグアイで採掘でき、特にウルグアイ産は色が濃く上質なものとなっています。

偽物はあまり多くないですが、稀に混在していますので注意してください。

茶色のアメジスト

アメジストの着色の過程で、違ったベクトルに向いて茶色に着色することがります。

まだら模様で紫と上手くマッチングすると、また違った魅力的なストーンとしてファッション性が高まります!

効能としては、残念ながら純粋な紫色のアメジストには若干劣ってしまうのが事実です。

主にブラジル産が多く、さほど価値が高いとは言えないので偽物の数は多くありません。

ガラス・ビーズ・着色によってできる人工石の特徴

アメジスト人気に乗じて、アメジストに精巧に似せた偽物が多く出回っています。

主にガラスやビーズを素材として、着色して作成しています。

中には、本物と見極めがつかないほどレベルが高いものがありますが、いくら見た目が同じでも効果は全く得ることができません。

人工的なものは、ムダに質が高すぎて不自然に見えるのが特徴です。

天然ものはどこかしらに内包物やキズがありますが、これがない場合は要注意です。

他にも、アメジストは熱伝導率が高く熱をすぐに放出することができます。

この特性を利用して、手で握って熱を伝えた時、すぐに放熱して冷たくなるのが本物、熱がなかなか冷めないのが偽物の可能性が高いです。

そして、価格が異常に安くどうみても本物でないと思われるものは、人工石となります。

本物であれば、まず安売りすることは考えにくいので、この考え方は成立します。

本物のアメジストを見極めるポイント

偽物を見極めるポイントを覚えると同時に、本物の特徴を知ることでより判別の精度が向上します。

判別方法はいくつかあるのですが、最も簡単に本物であることを証明してくれるのが判別書です。

ショップでは、本物であることを証明する機関により、正式に天然アメジストであることを判別した鑑別書がついたものを販売していることがあります。

特に中央宝石研究所が鑑別している場合は、高い信頼を寄せることができます。

鑑別費用が加算されて販売されているので、その分だけ価格が高くなりますが、安心して購入が可能です。

他では、丸型のアメジストでは髪の毛などの細い物質を透かして見ると二重に見える性質があるので、これを使用して天然ものであるかを判別できます。

可能な限り、実際に手にとったり間近でチェックすることで、正確な見極めが可能です。

この記事のまとめ

アメジストには様々な種類がありますが、カラーバリエーションも実に豊富です。

それぞれに違った魅力があり、効能も微妙に異なります。

自分にあったストーンを見つけて、より高い効果を得ることをメインで考えましょう!

ただ、その中で絶対に偽物を掴まれてないように見極めることも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です