アメジストは紫のみじゃない!他にもいろんな色(カラー)がある

アメジスト 色

アメジストは日本語で「紫水晶」と呼ばれているだけに、カラーリングは紫をすぐ連想すると思います。

しかし、実際には、アメジストと言っても紫以外にも様々なカラーリングが存在しているのをご存知でしょうか?

更に、そのカラーリングによって価値が大きく異なるのです!

ここでは、アメジストのカラーリングのバリエーションや違いについて解説します。

アメジストの基本色は紫

アメジストは多種多様なカラーリングがありますが、ベースカラーは紫となります。

その中で、微妙にトーンが違っているものがあり、それぞれに特徴があります。

薄い紫や濃い紫もある?

アメジストの特徴として、色の濃さが各部位で微妙に異なり、色むらが多いのが特徴です。

色むらが多いのかと言うと、放射線によって水晶の内部に不純物として存在している鉄イオンの配列が変化し、発色が変化するという成り立ちがあるためです。

無色の水晶に鉄イオンを混ぜ、放射線を照射すると、人工的にアメシストを作り出すことができます。

人工的に作る場合はカラーリングのバランスを調整できますが、自然界で生成されたアメジストは、濃淡が明らかな差となって表現されます。

よって、市販されているアメジストでも薄い紫や濃い紫が存在しています。

色の違いで品質が変わる?

アメジストは、かつては王族のみが入手できた貴重なものとして有名でした。

今でこそ豊富に採掘されて供給されていますが、美しいものは観ているだけでも惚れてしまうほどの魅力を放っています。

アメジストの品質を決める要素として、カラーリングも重要なファクターとなっています。

肉眼で見えるカラーゾーニングを伴わない強い赤みを帯びたパープルからパープルです。

アメシストのパープルにブラウンやブロンズが若干混ざっていたり、顕著に色分布があると、品質が低いものとみなされます。

同時に淡くて明るい色であったり、パープルの明暗の強い色分布となっていても、価値が低下する傾向があります。

とても暗いアメシストの色は熱処理によって明るさを出すことができますが、天然なものには敵いません。

実はこんな色も存在する

アメジストは紫のトーン違い以外でも、珍しいカラーリングのものが存在しています。

紫とはまた違う魅力的なカラーリングも多く、あえてそのカラーリングを選ぶ方も多く見られます。

ここでは、紫を除くアメジストの代表的なカラーリングを紹介します。

ラベンダーアメジスト

ラベンダーアメジストは、淡いパープルカラーを貴重としてキュートな印象を与えるカラーリングです。

アメジスト自体が濃いトーンで透明感が高いものほど品質が良いとされており、ラベンダーアメジストはその点で品質評価は高くありません。

その一方で、安価で手に入れることができることもあり、その点でも人気を博しています。

薄いアメジストは優しく穏やかなエネルギーを与えるので、より女性向けのパワーストーンとしておすすめです。

グリーンアメジスト

プラジオライトの別名であるグリーンアメジストは、ブラジルのミナスジェライス州やアメリカのアリゾナ州で採掘された母岩を特定の温度環境で加熱させ、グリーンに変化させたものです。

他にも、シトリンとペリドットを組み合わせた造語として、ペリディーンとも呼ばれています。

グリーンには人間の心を穏やかにする効果があり、人の心を癒やすことができるストーンとなっています。

他にも、人間関係のトラブルを円満解決に導くことができるのも魅力的です。

ケープアメジスト

ケープアメジストは、ホワイトとパープルの2色がミックスされたアメジストのことを指します。

イメージ的には、キャンディーのようなカラフルさがあり、かわいい雰囲気を醸し出しています。

中には、ライン模様や2色に完全に分離されているものなど、様々なパターンを形成しています。

パターンによっては、シェブロンアメジストやドッグティースアメジストといった、ユニークなネーミングも付けられています。

真実の愛をもたらすことで有名で、特にプレゼントでも好まれているストーンです。

アメジストでおすすめは何色?

アメジストのカラーリングは数多くありますが、ほとんどが2月の誕生石に数えられていることを観ても、ベースとしてはほぼ同じ効果をもたらすものとして知られています。

その中で、おすすめできるのはやはり濃い紫のカラーリングです。

最もクオリティが高く、身につけているだけでも自慢できるものですので、ファッションアイテムとしてもおすすめです。

他では、女性ではラベンダーアメジストのように見た目がキュートで恋愛に関するパワーを発揮するので、人気がありますしおすすめのストーンと言えます。

アメジストの変色効果は?

アメジストに限らず、パワーストーンには変色効果があるものがあります。

変色効果を持つストーンのことをアレキタイプと呼ばれており、異なる光源下で違うカラーリングに変化することを言います。

暖色光源に照らすと、赤に近いカラーに変化してベースの紫とはまた違った趣があるものに変化します。

白熱灯下ではラズベリーレッドになり、温かみがありムード感を出すことができますよ。

着色(人工処理)か否かを判断するポイント

人工宝石の製造が精巧になってきたこともあり、着色など人工処理を施したアメジストの見分けは難しいのが実情です。

特に、着色については天然で生成される方法と同様に、放射線によって人工着色されているので、その見極めはこんなんです。

ただ、その中で不自然にインクルージョンと呼ばれる内包物が無いものは人工処理されているものである可能性が高いです。

代表的なインクルージョンされているものとしては、レピドクロサイト、ヘマタイト、ゲーサイト、カコクセナイト等が挙げられます。

素人が見極めるのは困難ですので、プロの鑑定をお願いすることをおすすめします。

アメジストのカラーに関するまとめ

アメジストのカラーリングは、実は多種多様なものがあるのには驚きですよね。

ベースの紫もラグジュアリー感があってかっこいいですが、ラズベリーアメジストのようなフェミニンなカラーリングもおすすめです。

人工処理で生成されたものと天然ものの見極めは難しいですが、ぜひお気に入りの逸品を見つけてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です