アメジストの正しい選び方や見分け方は?本物と偽物を判別方法

アメジスト 見分け方

美しく様々なパワーを秘めたストーンとして人気のアメジストですが、どんなアイテムでも良いわけではありません!

しっかりと見極めないと、せっかく購入してもその効力を得ることができません。

特に、「本物」か「偽物」かを見極めるのがとても重要です!

という事で、アメジストが好きな皆さんの為に、正しい見分け方・選び方について伝授します。

アメジストの基本情報

アメジストは、日本語名では紫水晶と呼ばれているストーンです。

水晶の色が紫に染色された状態のものを指していますので、基本成分は水晶と同じであり内部に含まれる鉄イオンが紫色として輝きを放っています。

名前の由来はギリシャ神話で酒の神として崇められているバッカスによって、石に変えられてしまった乙女である「アメジスト」から来ているという説がありますが、他にもギリシャ語で「酒に酔わない」というフレーズから来ているという説があります。

2月の誕生石としても有名であり、ジュエリーとして日本でも高い人気を誇っています。

見分け方のコツやポイント

アメジストにも様々な種類があり、選び方にもコツがあり、しっかりと見極めた上で選定することが重要です。

主に、カラーリングとコンディションが重視されます。

ここでは、選び方のコツとポイントについて解説しています。

透明感が高い石が良い

アメジストは紫が濃い方ものの方が、アメジストらしさがあって人気が高い傾向があります。

更に高い人気となっているのが、透明感が高い石です。

他の宝石でも透明感があるものの方が確かに人気ですが、アメジストでも同様な傾向があります。

透明性が強いストーンの種類もある程度限定されるので、ストーンの種類である程度分類して、あとは個体で透明感をチェックすると良いでしょう。

クラック(ひび)の有無を確認する

天然物のアメジストの場合、まっさらな状態のものを手に入れることは難しく、何かしらダメージが及んでいることが多いです。

特に、ストーンにひび割れが見られるクラックが入っていると、その価値が大きく下がります。

肉眼でもチェックできるクラックも多いので、まずは肉眼でしっかりとチェックしてください。

また、ライトに照らすとよりクラックが鮮明にチェックすることが可能です。

石の濁りや白濁感をチェック

アメジストは、いつまでもその美しさをキープすることはできず、経年劣化が進みます。

日光に照射された状態になると、余計に劣化が進みます。

また、特に発生しやすいのが白っぽい濁りです。

ストーンの吸収作用により、大気中の水分などを吸収して、更に日光に照らされることで徐々にストーン内ににごりや白濁が進みます。

購入時点の状態で、すでに進行しているケースも見られますので、しっかりとストーン内部をチェックして透明感の強いものを購入しましょう。

アメジスト購入時の失敗しない見分け方

アメジストを購入する際には、まずは自分がアメジストに対して何を期待するのかを明確にしてください。

例えば、恋愛パワーを充実させたいであったり、集中力を高めたいなど、朧気なもので構いません。

アメジストの中でも、例えばピンクアメジストのように恋愛により特化したストーンもあるので、期待するパワーをより高く得ることができるものをチョイスすると、購入時の失敗を予防することができます。

そして、信頼できるショップで購入することも重要な要素です。

最後に、ストーン個体のダメージの有無やカラーリングは絶対にチェックしてください。

可能な限り、実物をチェックするほうが良いですね!

本物と偽物の見分け方

アメジストには、本物もあれば残念ながら偽物も多く存在しているのが事実です。

本物だと思って購入しても、実は偽物であったりすると、せっかくストーンを購入してパワーを得ようとしているのに意味がなくなります!

この項目では、アメジストの真贋を見極める方法について解説します。

本物の特徴や見分けるポイント

最近では偽物の精度も上がっているので、実は明確に見極めるのは難しくなっています。

その中で、本物のストーンの場合は触ると低温であるのが特徴です。

水晶は放熱しやすいという特徴があるために、常にストーンの温度は低く保たれます。

逆に偽物の場合は、放熱性が低く触っても冷たいという感触がありません。

他にも、触った感触として本物の方が硬度が高いという特徴があります。

いずれも、実際に触ってみてチェックするという方法が有効的です。

偽者の特徴や見分けるポイント

偽物の場合、高級感を持たせようとして透明度を高めている場合が多いです。

よって、価格が安いのに不自然に透明度の高いストーンの場合は、偽物と疑う必要があります。

ただ、人工熔錬水晶の場合は見極めやすいですが、合成水晶の場合は本物に近い特性があるので、見極めは難しいのが実情です。

【結論】アメジストの正しい選び方はコレだ

アメジストを選ぶ際には、まずは自分の得たい効果を明確にして、それに似合ったストーンを探すのが最適です。

その中で、高級感があるなるべく透明性が高いものであったり、ダメージが少ないものを選ぶことで、よりスタイリッシュで効果があるストーンを手に入れることができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です